2012年12月12日

中山寺 安産祈願

安産祈願といえば中山寺。

聖徳太子の創建による日本最初の観音霊場だとのことです。
安産祈願の霊場として、源頼朝をはじめ武家・庶民にも深く信仰され、豊臣秀吉は中山寺に祈願して秀頼を授かったということです。
安産を祈って全国から妊婦さんが腹帯を授かりにこられます。

ご祈祷は予約なしで随時受け付けてくれます。(9時から16時まで)

腹帯とお守りをもらえます。
ご祈祷は、お札を10日間身代わりに祈祷してくれて、自宅に送ってくれます。(7000円)

妊婦さん本人が直接、祈祷殿で拝んでもらうのは、20,000円。
お札も10日間の祈祷の後に送ってくれます。

腹帯は、先に産んだ方が、お礼参りに奉納されたもので、男とか女とか書いてあります。
生まれた子が男か女という意味で、だからどっちが生まれてくというような意味は無いようです。

ちなみにうちは、男の子の腹帯でしたが、女の子が生まれました。



posted by たっちゃん at 15:28| Comment(0) | 中山寺 安産祈願
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


中山寺」の先頭へ